美容外科医の技術力をみるときのチェックポイント

美容外科医の技術力をみるときのチェックポイント

美容外科で受ける施術は高い技術が必要とされるものばかりです。

 

一見簡単そうに聞こえるヒアルロン酸やボトックスの注入ですが、
注入する位置や量を絶妙に調整しないと、
失敗につながる可能性が高くなるからです。

 

施術を受けるなら腕の良い美容外科医に担当してほしいと考えるでしょう。
クリニックや病院のホームページにて
美容外科医の症例数などを掲載していることもありますし、
実際に施術を手掛けた時の前後の写真を掲載しているところも見られます。

 

○○学会や○○専門医といった肩書が
美容外科医の経歴に載せられていることがありますが、
それが必ずしも高い技術や手術経験が豊富だということを示すことにはなりません。

 

もちろん学会に所属して技術や知識を磨くために
一生懸命な美容外科医もいるのですが、
中には学会に名前だけを登録している美容外科医もいるからです。

 

症例数が多ければそれだけ経験を多く積んでいると判断できますので、
医師を選ぶときの参考にしてみるといいでしょう。
経験豊富な美容外科医のほうがさまざまな症例に対応してきていると思われますし、
失敗するリスクも低いと考えられます。

 

また豊胸手術や脂肪吸引といった施術を受ける場合、
体にメスを入れたり施術としては大掛かりな部類に入るため、
全身管理ができる美容外科医に依頼するのが望ましいです。

 

例えば麻酔科や外科などの経歴のあるドクターは、
外科手術経験も豊富だと推測できますので、
大掛かりな施術も安心してゆだねられます。

 

 


このページの先頭へ戻る